有機茶ってどんなお茶? 農薬を使わず、トンボたちに茶葉を守ってもらいます クモやトンボ

農薬を使用せずに、クモやトンボ、テントウムシやカマキリといった「益虫」にアブラムシなどの「害虫」を食べてもらうことで茶葉を守ります。茶畑の「自然のサイクル」を大切にすることも重要だと考えています。

  化学肥料に頼らず、茶葉本来の生命力を時間をかけて引き出します 土と草木

自然の土で、茶葉4~5年かけてゆっくり育て、しっかり根を張らせます。たくさんの根から自然の栄養をたっぷり取り込み、生命力の強い茶葉が育ちます。

  3年以上農薬や化学肥料を使用しない土地で栽培しています 有機マーク

無農薬・化学肥料不使用だけでは有機JAS認定されません。また、別の畑に散布された農薬の影響を受けないよう隔離された場所で栽培をしています。

安心・安全でおいしいお茶をお届けするために。
トンボが飛ぶ茶畑のお茶を届けたい。